« 一足早いバレンタイン・デー | トップページ | セピアの宝石(モロゾフ) »

2009年2月12日 (木)

ケータイ料金が激減(ソフトバンク→ドコモ)

1月分のケータイ料金は、2回線合わせて3,318円でした。
12月はソフトバンクからドコモへ移行した月なので別扱いとして、それまでの1年間の平均が5,879円(最低4,230円~最高7,489円)だったことを考えると、約2,500円も減ったことになります。

新しいキャリアということで、使い方が控えめだったというのもあるのでしょうが、恐らく、ドコモの1,000円分の無料通話枠が寄与しているものと思います。

ウチは、ドコモでもソフトバンクでも基本料金980円のプランを使用して、家族割引で夫婦間の通話・メールをタダにしています。問題は家族以外への通話やメールですが、ソフトバンクではそのまま請求されていたのに対し、ドコモでは無料通話の範囲内なら請求されないし、事前登録したものは割引になる(ゆうゆうコール)ので、このような結果になったのでしょう。

ん~、こんなことなら、もっと早く移行すれば良かったかなsign02


<参考:契約内容>

Softbank
(金額は税抜き)

(基本) ホワイトプラン  934円×2
(割引) ホワイト家族24
(オプション)
 S!ベーシックパック   300円×2
 アフターサービス     300円
 スーパー安心パック    475円

NTT Docomo
(金額は税抜き)

(基本)タイプSSバリュー 934円×2
(基本)無料通話1,000円×2を含む
(割引) ファミ割MAX50
(割引) ゆうゆうコール  180円
(オプション)
 iモード           300円×2
 留守番電話        300円

|

« 一足早いバレンタイン・デー | トップページ | セピアの宝石(モロゾフ) »

マネー」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517933/43913831

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ料金が激減(ソフトバンク→ドコモ):

« 一足早いバレンタイン・デー | トップページ | セピアの宝石(モロゾフ) »