« 夏の風物詩? | トップページ | 世間はお盆休みですね »

2010年8月14日 (土)

ThinkPad X201s 使い勝手レビュー(ハード編)

購入してから2ヶ月たって、ようやく環境も整い、手にも馴染んできました。
ここらで X201s の使い勝手などレビューしたいと思います。まずはハード編です。

ちなみに、機器構成はこちらをご参照ください。

購入価格

19%オフのクーポンを使って13万円台後半でした。この価格でウルトラベース付きなので、個人的には大満足なのですが、その後、25%オフのクーポンも出て、時期をもう少し選べば、更にあと1万円は値引きになったようです。良い時代になりましたね。

体感速度

以前のパソコンは、 CPUが Mobile Pentium III (800MHz)、メモリは 640MB、ハードディスクは僅か 30GB (しかもたぶん 4200rpm) という超・低スペックだったので、それに比べると爆速になりましたよ。BGMで動画を見ながら(聴きながら?)、メールチェックしつつ家計簿をつけ、更に裏でウィルススキャンが走っていても、まだまだ余裕という感じです。

ただ、Windows7(64bit)のせいかどうか判りませんが、ときどき、データ読み込みのタイミングで数秒~数十秒も応答がなくなることがあります。Internet Explorer でページ読み込みのときにも、たまに起こります。イメージとしては、SSDのプチフリのような感じです。HDDなんですけどね。

液 晶

液晶もLED液晶でハッキリクッキリ。普段は輝度15段階中の14で使用しています。コントラストも高いし、解像度1440×900は画面が広く使えて重宝しています。ただし、そろそろワタシ、老眼が入ってきたので、文字サイズを最小にするのはさすがに厳しいかな…。

視野角が狭いとか、発色が青みがかっているとかいう報告も見かけますが、自分的にはあまり気になりません。

キーボード

キータッチは評判どおりといったところで、特に、文章を打つのはとてもスムーズです。キーの大きさも、ストロークの深さも、上出来です。むしろ、赤ポッチが、ちょっと邪魔。はい、ThinkPadを象徴する赤ポッチ(トラックポイント)ですが、実はぜんぜん使っていません。もっぱらタッチパッドです。タッチパッドだって、他のメーカーのノートPCと比べてまったく遜色ない出来ですよ。

ただし、キー配置は若干特殊ですね。7段キーボードで、Fnキーとの同時押し無しで Home や PageUp 等を含めた全キーが網羅されてるのは良いのですが、やっぱり配置が気に入らない部分があります。

1つは、ご多分にもれず「Fn」キーと「Ctrl」キー。やっぱり Ctrl キーはキーボードの端にあって欲しい。幸い、この機種は BIOS で入れ替えができるのですが、キートップの文字は変えられないので、考えた末にシールを貼ることにしました。結構カワイくて、良いでしょう? catface

Nec_0411

2つめは、ブラウザキー。ThinkPad特有の、「↑」キーの左右にあるキーで、Internet Explorer などのブラウザでは「戻る」「進む」として機能するようです。

Nec_0415

しかし、カーソルキーの横にあるので誤って押す確率も高く、アンケートなどのフォーム入力中などについ触ってしまったりすると、それまで入力した内容が全てパーになってしまうので、レジストリのスキャンコードを直接変更して、「PageUp」と「PageDown」に置き換えてしまいました。これは結構快適です。参考にしたのは、このブログの記事

あとは、ESCキーを押すつもりでついつい間違えてF1キーを押してしまうこと、DeleteキーやHomeキーが少々押しにくい位置にあることが改善されればもう文句無いのですが、さすがにその辺は慣れるしかなさそうですね。

サウンド

音楽は基本的にイヤホンでしか聴かないので、良し悪しは不明です。
イヤホンは、最初はウルトラベースのヘッドホン端子を使っていたのですが、後ろ側のAC電源端子の横にあるせいか、雑音がひどく、全く使いものになりませんでした。本体側の端子を使うようにしてからは、快適です。

筐 体

筐体は全体的に剛性が高く、出張の時もカバンにそのまま放り込んでいますが、特に不安感などはありません。また、天板のピーチスキン塗装も、高級感があって良い感じです。コネクタは、ウルトラベースまで合わせると多すぎるくらいですね。

左奥に排気口、右奥側にHDDがあるせいで、左右のコネクタ配置が少し手前側に偏っていますが、特にコードが邪魔になることもないので許容範囲かと。

排 熱

動作中は排気口から結構熱い空気が出ますが、前機種もそうだったので、こんなものかと。それでも、パームレストが全然熱くならないのは、さすが。

静粛性

耳を近づけるとファンの音はしますが、特に気にはならず、とても静かです。

モバイル性能

4セルバッテリーで公称約1.1kgと軽く、AC電源もコンパクトです。

実は、出張用にエレコムの巻取式ACアダプタを購入したところ、巻取カバーが思ったより大きく、かさばることが判明。結局、自宅専用になりました。

その他

指紋リーダーとパスワードマネージャーの組み合わせは、非常に便利。
セキュリティ対策のつもりでしたが、手間も省けて、うれしい誤算です。

また、重宝しているのが、ThinkVantage Toolbox (Powered by PC-Doctor) です。Microsoft や Lenovo のページでドライバ等の更新を確認してくれたり、システムの健康状態をチェックしてくれるので安心できますね。

残念ながら、Lenovoからのメールマガジンは本体の購入案内一辺倒で、購入済みの人へのサポート情報などは皆無です。ホームページにでも、個人別の情報ページがあれば良いと思うのですが、あるのはお買い物カートだけ。釣った魚に餌をやらないようにも見え、もう少しきめ細かい対応があれば良いのになぁ…、と残念に思っています。
(探せば、HP内に情報が無いわけではないので、なおさら残念ですね。)

総 評

もちろん、他にも、安い機種、高性能な機種、モバイルな機種は探せば幾らでもあるのですが、それらのバランスとかコストパフォーマンスを考えた場合には、自分にはこれが最高の1台であると断言できます。

自分の使い方は、主に自宅と寮での据え置き利用で、たまに出張に持ち出す時にも、ほとんどホテル室内での使用なので、厳密にはモバイルとは言いがたいのですが、そのような使い方にもピッタリです。今のところ、日常の使い方でパワー不足を感じることはほとんどありません。末永く使っていきたいと思っています。

|

« 夏の風物詩? | トップページ | 世間はお盆休みですね »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517933/49094001

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad X201s 使い勝手レビュー(ハード編):

« 夏の風物詩? | トップページ | 世間はお盆休みですね »