« 東京ご飯「ストックホルム」 | トップページ | 捨てられない・片付かない »

2011年10月 5日 (水)

東西駅弁食べ比べ

東京への往復には新幹線を使ったので、駅弁riceballをいただきましたよ。
昔は、新幹線bullettrainにも食堂車restaurantが連結されていたのですが、今は駅弁だけ。
まぁ、手軽ではあるのですが、少々風情には欠けますね~sweat01

こちらは往路の「京風幕の内」弁当(850円)です。

Snec_0316

新大阪で買ったのに、何故「京風」なのかはさておき、関西風のあっさり味付けも、
いろいろなオカズが楽しめる幕の内も、どちらも結構好みデス。

Snec_0315

そして、復路の駅弁は、こちらも定番の、崎陽軒の「シウマイ弁当」(750円)。
押し固められた俵型のご飯、経木の折箱が、昔風で懐かしい…のは私だけ?
また、東京で購入してますが、これも本来は横浜のお弁当なんですよ…ね coldsweats01

Snec_0325

復路のお弁当(その2)は、叙々苑の特製「焼肉弁当」(2,300円)です。

Snec_0321

ご覧のとおり、東京駅限定だそうです。 しかも、駅弁にしては結構高い…sweat02

Snec_0324

写真は残念ながらボケちゃってますが、お味の方は高いだけあって絶品デス。
駅弁なので、当然冷めているのですが、お肉がとても柔らかくってジューシー。
甘辛いタレも霜降り肉に良く合っていて、間違いなく、これまで食べた中では
最高の駅弁のひとつです。

唯一のマイナス点は、匂いがかなり強いこと…ですかね。
新幹線の車内で食べるのは、ちょっとだけ勇気が要ります catface

|

« 東京ご飯「ストックホルム」 | トップページ | 捨てられない・片付かない »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517933/52910972

この記事へのトラックバック一覧です: 東西駅弁食べ比べ:

« 東京ご飯「ストックホルム」 | トップページ | 捨てられない・片付かない »